おうちづくり
お金ないのに積水ハウスで三世代同居の家づくり♪ 母との完全同居、父のためのバリアフリー。 積水ハウス:シャーウッドの規格タイプを土台にプランニングして設計・建築。2011年5月、入居しました(/ ̄∀ ̄)/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産取得税の減額申告をしてきました♪
かなり久しぶりの更新です(>_<)

まだ見てくださっている方はいるのでしょうか……。・゚・(ノД`)・゚・。

夏ごろから父の関係や自分自身のためにいろいろと新しいことに挑戦し始めたので、
ブログ更新を後回し後回しにしてしまった次第です。




さて、数日前に県税事務所から 不動産取得税納税通知書 なるものが届きました。

今回は土地に関するもので、額面は81,600円


前もって営業K氏から 『絶対に減額申告を忘れないでくださいね!』 と
念を押されていたので、さっそく県税事務所へ行くことにしました。


まずは法務局へ寄って、登記事項証明書 を発行してもらいます。

土地に関する申告で、土地の持ち主とそこに建つ家屋の持ち主が同一な場合は
”家屋の登記事項証明書”だけでOKなようですが、
わが家は家屋がダンナさんと私の共有名義になっているため、
”土地”と”家屋”についての2通が必要となりました。

1通700円×2通分=1,400円分の印紙をその場で購入して支払います。



そしていよいよ県税事務所へ。

納税通知書を発行した事務所が少し遠かったので電話して尋ねると
減額申告は最寄りの県税事務所でもできますとのことでした。

書類の記入方法などがイマイチわからなかったので窓口で尋ねると、
 「大丈夫ですよ~、記入済の書類がこちらでプリントアウトできますから(^^)」
と言って新しい書類を出してくれ、

 ○ 持参した登記事項証明書の確認(終了後に返却されました)
 ○ プリントアウトされた書類の内容を確認→押印

…以上の作業で申告は終了しました。



あとは担当の県税事務所から再計算された税額の通知書が再度送られてくるとのこと。
窓口の女性が 「たぶんゼロになるんじゃないかと思いますよ」 とおっしゃっていたので、
それに期待するばかりです (ノ。>ω<)ノ



そして家屋の不動産取得税については、来年の夏ごろ に通知が来るとのこと。

こちらは減額条件に当てはまっていれば、それを控除した後の額面での通知が来るので、
今回のような申告作業は必要ないとのこと。

以前自治体からみえた調査の結果で評価額が決まるので、いくらになるのかドキドキです…(ノД`)
スポンサーサイト

3ヶ月点検 その後
さて、8月初旬にあった3ヶ月点検。
数点の確認・修繕作業を残していました。

 ① 外構コンクリ階段の表面クラック
 ② トイレの水流音
 ③ エコキュート溜め水の排水経路




まず①については点検の2~3日後には外構業者さん参上。
子どもたちが興味津々で見つめるなか、きれいに補修してくれました。
しばらくはこれで様子見です。
子どもの相手も上手なお二人だったので、息子も娘もトラックが見えなくなるまで手を振っていました。




次に②の水流音。なんだか流れる時の空気の音が大きいんです。
水道工事の業者さんは実は身内の仕事仲間の方でした。
いろいろ試してもらいましたが、施工側としてはこれ以上どうしようもないそうです。
便器側の問題ということで、これまでにも「この便器は音が大きいな」と感じていたそう。
TOTOさんの製品なので、一度メーカー側が何か改善策を持っていないかダメもとで聞いてくださるそうです。




そして③のエコキュートの外タンク。
最初はメーカーの営業さんらしき方がみえたんですが、しばらくタンクを確認してから
  「うちは基本的にこういう構造みたいです(^_^;)」 と言われました。   ん(o'ω'o)?
  『え、でも定期的に排水メンテが必要なんですよね?すごい量の水が地面に出て来るんですけど…』
  「あ、はい。 僕も今やってみて濡れちゃいました~(^^)」
  『あはは… でも毎回それじゃ困りますよね? 他のメーカーはこんなことないみたいですし…』
  「ああ、そうですね~。困りますよね(^_^;)」
  『ええ。困るんですよね…』

ここでやっと、「何か方法がないか調べてまたご連絡します。」と言ってくれました(´-∀-`;)



数日後にカスタマーK氏から進行状況を聞かれたので上記のやり取りを伝えると、
「私からも再度要請しておきますね」ということで、
そのまた数日後、作業員の方が来られてものの5分程度で補修してくださいました。
これもひとまずこの状態で様子見です。






あと、つい先日ダンナと子どもがバルコニーに出ていた時に、
バルコニー手すりのビスが数本ゆるいことを発見!

自分で締められるかと思い回してみると、どうやら長さが合わないのか空回りします。

慌てて監督T氏に連絡して、K氏に見に来てもらいました。
結果、手すり上部のカバーのはめ込みが甘かったせいでビスが届いていなかったと分かりましたが、

「使用されているビスの上部がキリ状で、ネジ部分の一番上くらいしか噛み合ってない可能性があるので
 念のため全体がネジ状のビスを持ってきて交換しますね。」

とうことで、今日その作業に来てくださいました。






最初に受けた印象の通り、細かいことにも迅速に対応してくれるK氏。
これからわが家のアフターを担当してくださると思うと、頼もしいです(^^)
3か月点検♪
少し遡りますが、8月の初旬に家の 3か月点検 がありました。

来られたのは現場監督T氏と積水ハウスカスタマーズセンターの方が2名。



T氏とカスタマーA氏がどんどん家の中を点検していき、
カスタマーK氏が各種説明やアドバイスを行っていく……という感じで進みました(^^)


一番最初に
 「これから戸の開閉など細かく確認していきますが、ここだけは開けられたくないという場所はありますか?」
と聞かれたので、

 『中身の散らかり具合については見て見ぬふりの大人の対応をしていただければ大丈夫です(*-∀-)ゞ』
と伝えました(笑)



そして「何か気になっている点は?」との問いかけに、

 □ キッチン周辺のコーキングの隙や未施工部分を補修してほしい
 □ キッチン流しに付いている小物入れが取り外しにくいので掃除しづらい
 □ トイレの水を流す音が大きい気がする
 □ 外階段のモルタルにクラックが出たので補修してほしい

などを挙げると、コーキングはこの場で補修、流し小物入れは着脱しやすいように工具で調整してくれて、
トイレについては改善策があるかどうかを調べて再連絡、
外構階段については施工業者に補修の連絡を入れます  ……… ということになりました(^^)




あとは24時間換気の吸気口や浴室乾燥暖房機、エコキュート、外回り汚水桝・雨水枡など
各設備のメンテナンス方法を教えてくれたり、

ブレーカー落ちや漏電、水廻りのトラブルが発生した場合の対処についても説明がありました。




エコキュートにも定期的なメンテナンス(溜め水の排水作業)が必要と知ってビックリ!∑(゚ω゚ノ)ノ
やり方をカスタマーK氏に実践で教えてもらっていると……

     ジャバジャバー!!!!!

排水管から配管へ流れていくはずの溜め水が、足元へと流れ出てきました(;゚д゚)ェ. . . . . .

カスタマーK氏もこんなことは初めてということで、すぐにメーカーに問い合わせて改善しますとのこと。


エコキュートは3月の大震災の影響でメーカー変更になったんですよね。
なので、K氏としても普段はあまり扱わないタイプなんだそうです。



数点の確認・修繕作業を残しましたが、
これからわが家のアフターメンテナンスを担当してくださるK氏の初対面の印象は、
 真面目でフットワークの良い人という感じでした。

Kさん、末永いおつき合いをよろしくお願いします♪
和・モダ~ン♪
2週間ほど前、同じ県内に住む母方の伯父と伯母から新築祝いの品物をいただきました。

伯母は多趣味な人で、その中のひとつに ”機織り” があります。

今回いただいたのは 手織りののれん

のれん①

なんとも好みにドンピシャの色と質感です。

 これは絶対わが家の和モダンスペース、

  玄関土間に飾るべき!!!!!


と息巻いてダンナや母とあっちこっち動かしてみましたが、
粗目の麻で織ってあるので、出入り口になるところに下げてしまうと
後ろにある物が透けてしまい、せっかくの質感が生かせません (。-`ω´-)

なので。

のれん②

玄関の飾り棚の壁に、タペストリー風に飾ることにしました。



棚の上には結婚式の時に作ったブーケ、
ブーケが入っているのは亡くなった祖父が昔母に贈ったガラス製のボウル、
友人から新築祝いにもらった多肉系植物、
数年前に古道具屋さんで買った古い引き出しには霧吹きやエアフレッシュナーを入れています。

そこにこの”のれん”が加わって、空間がギュッと引き締まりました♪


土間のタイルや玄関引き戸の格子とバッチリ合って、大好きな雰囲気……(っ´∀`c)

伯父ちゃん、伯母ちゃん、ありがとう!!!!!!
カブトやらクワガタやら
またまたご無沙汰しております、チャイモンです (´゚∀゚`;)



8月中旬はダンナさんのお盆休みもあり、

 子どもたちを遊びに連れて行ったり
 ひとまず近い身内だけ新居に来てもらったり
 お盆参りに行ったり
 私の父を連れての介護旅行に出かけたり
 幼稚園バザーの準備(製作)をしたり………

大忙しで過ごしました




子どもの夏休みもいよいよ終わりに近づいてきたわけなんですが、
そんな中、長男が

 「カブトムシとかクワガタムシを飼いたい」

と言い出しました。
どうやら幼稚園のお友だちから聞いてきたみたい。



なので、義実家に行ったときにダンナが

 「オカンの知り合いで、庭の木にカブトやクワガタが集まるっていう家がなかったっけ?」

と聞きました。

しかし残念ながらその知人の家の木はもう切られてしまったとのこと。
それじゃ仕方ないよね…… と私は半分ホッとしつつ諦めかけたんですが。



その数日後。

わが家にカブト虫とクワガタ虫がわんさか
 ((( ;゚Д゚)))

虫ーズ

さすが田舎です (゚∀゚ ;)
そしてさすがお義父さんとお義母さんです。


いそいで昆虫用のマットやら朽木やらゼリーやらを買いに走って、
息子と娘と一緒に飼育ケースを準備しました。



そしてまたしても思いました。

 広い土間があってよかった━━━━━━━━━━━━━━━!!!!!



虫たちは夜行性なので、人間の生活空間にいると照明や騒音、エアコンの影響を受けてしまうだろうし、
人間側も臭いや汚れが気になりますよね。

でも土間なら、土やエサを入れ替える時も多少の汚れは気にならないし、
生活空間から隔離されているので虫ーズも部屋よりは落ち着けるでしょう。



それにしても虫ーズ、めっちゃ元気です。

夜になると ガサガサ…ガタッ!

 ガサガサワサ! ブブブ! ガサッ!!!

大暴れです (´-∀-`;)




種類にも寄るみたいですが、夏が終わるころが寿命なのかな?
その時が来たら息子にどんな話をしてお墓をつくろうか。
考えます。

ダンナさんは雄雌つがいのカブトムシにちょこっと次世代を期待しているようですが……(笑)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。